コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

五色浜(読み)ごしきはま

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

五色浜
ごしきはま

兵庫県南部,淡路島の南西にある砂浜海岸。南あわじ市慶野松原の北端から洲本市鳥飼の漁港付近までをさす。長さ約 4km。白,赤,黒,青,黄の 5色を主とする色とりどりの小石が特徴。背後の新第三紀の台地に含まれていた蛮岩(花崗岩花崗斑岩ケイ岩粘板岩砂岩など)が海中に崩れ落ち,海水で磨き上げられたのち,浜に打ち寄せられたといわれる。瀬戸内海国立公園に属する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内の五色浜の言及

【五色[町]】より

…中心集落の都志(つし)は港町で,江戸後期の廻船業者高田屋嘉兵衛の出身地である。瀬戸内海国立公園の一部をなす景勝地の五色浜は,玉砂利の産地として,また海水浴場として知られる。【松原 宏】。…

※「五色浜」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android