コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

阿倍駿河 あべの するが

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

阿倍駿河 あべの-するが

?-? 奈良時代の官吏。
養老4年(720)陸奥按察使(むつのあぜち)上毛野(かみつけのの)広人が蝦夷(えみし)の反乱で殺されたとき,鎮狄(ちんてき)将軍として任地におもむいた。神亀(じんき)3年従四位下にすすんだ。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

阿倍駿河

生年:生没年不詳
奈良時代官人養老4(720)年陸奥の蝦夷反乱の際,出羽の蝦夷の動揺を鎮圧するために持節鎮狄将軍に任じられ,翌年帰還した。神亀3(726)年従四位下。

(今泉隆雄)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

阿倍駿河の関連キーワード生年

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android