置く(読み)オク

デジタル大辞泉の解説

お・く【置く】

[動カ五(四)]
人や物をある位置・場所にとどめる。
㋐そこに位置させる。「要所に見張りを―・く」「手をひざに―・く」
㋑ある状態にすえる。「目的を―・く」「重点を―・く」
㋒心をそこにとどめる。「信を―・く」「念頭に―・く」
人をある立場につかせる。
㋐雇う。抱える。「タイピストを―・く」
㋑同居させる。「下宿人を―・く」
ある場所に残す。残しとどめる。「家族を郷里に―・いて働く」
新たに設ける。設置する。「事務所を―・く」
時間的、空間的に間を隔てる。「一日―・いて行く」「一軒―・いた隣」
その状態を続けさせる。そのままにする。「この肉は明日まで―・くと腐る」「ただでは―・かない」
預け入れる。差し出す。「抵当を―・く」「質に―・く」
算木などの用具の位置を決めて、計算する。占いをする。「そろばんを―・く」
蒔絵(まきえ)や箔(はく)を施しつける。「金箔を―・く」
10 相手に対して心を配る。気がねをする。→気が置けない
「我に心―・き、ひき繕へる様に見ゆるこそ」〈徒然・三七〉
11 露・霜などが降りる。「草に―・く露」
12 (補助動詞)多く動詞の連用形、または、それに助詞「て」を添えた形に付く。
㋐今後の用意のために、あらかじめ…する。「話だけは聞いて―・こう」「この程度のことは勉強して―・くべきだ」「名前は仮にAとして―・こう」
㋑その状態を続けさせる。そのままにする。「窓を開けて―・く」「言わずに―・く」
[可能]おける
[下接句]朝雨馬に鞍(くら)置け一目置く重きを置く風上(かざかみ)に置けない眼中に置かない木にも草にも心を置く気が置けない奇貨(きか)居(お)くべし草木にも心を置く算を置く歯牙(しが)の間(かん)に置く下にも置かない質(しち)に置く借金を質に置く隅に置けない赤心(せきしん)を推(お)して人の腹中(ふくちゅう)に置く算盤(そろばん)を置く泰山(たいざん)の安きに置く念頭に置く間を置く胸に手を置く

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

技術書典

ITや機械工作などの技術書を専門とする同人誌の即売会。主催は、技術書の同人誌サークル「TechBooster」と技術系電子書籍専門の出版社「達人出版会」。主にコミックマーケットで取り扱われていた技術系...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

置くの関連情報