良い(読み)ヨイ

デジタル大辞泉「良い」の解説

よ・い【良い/善い/好い/吉い/佳い】

[形]]よ・し[ク]
(多く「良い」「好い」と書く)人の行動・性質事物の状態などが水準を超えているさま。
㋐質が高い。上等である。「—・い友に恵まれる」「—・い品」⇔悪い
㋑能力がすぐれている。上手である。うまい。「腕の—・い職人」「感度の—・いラジオ」⇔悪い
㋒美しい。すばらしい。「器量が—・い」「—・い景色」⇔悪い
㋓良好である。健全である。健康である。「からだもすっかり—・くなった」「気分の—・い朝」⇔悪い
㋔地位や身分が高い。また、社会的にしっかりしている。「—・い家柄」「育ちの—・い人」⇔悪い
㋕経済的に栄えている。裕福である。「懐ぐあいが—・い」「暮らし向きが—・い」⇔悪い
㋖利益の面ですぐれている。有益である。有利である。「割の—・い仕事」「—・い値で売れる」⇔悪い
㋗効き目がある。効果的である。「胃腸病に—・い温泉」⇔悪い
㋘向いている。ふさわしい。恰好である。好適である。「海水浴に—・い季節」「ちょうど—・い時に来た」⇔悪い
㋙自分の好みに合っている。望ましい。「私はビールが—・い」「住むなら郊外が—・い」
(多く「良い」「善い」と書く)人の行動・性質や事物の状態などが、当否の面で適切・適当な水準に達しているさま。
㋐正しい。正当である。善である。「日ごろの行いが—・い」「態度が—・い」「人柄が—・い」⇔悪い
㋑好ましい。好感がもてる。「返事に元気があって—・い」
㋒満ち足りている。幸せである。「一人で—・い思いをする」「君に会えて—・かった」
㋓親切である。やさしい。「土地の人に—・くしてもらう」「気立てが—・い」⇔悪い
㋔人と人との間が円満である。むつまじい。「職場の人間関係が—・い」⇔悪い
㋕十分である。不足がない。「度胸の—・い人」「覚悟は—・いか」⇔悪い
人の行動・性質や事物の状態などが許容範囲内であるさま。
㋐許せる。承認できる。「帰っても—・い」「代理人でも—・い」
㋑さしつかえない。支障ない。「—・かったらお茶でもどうですか」
㋒放っておいてかまわない。どうでもよい。「その件はもう—・い」
(「よい年」などの形で)ある程度の年齢に達している。また、分別を身につけているはずだ。「—・い年をして喧嘩などするな」「彼の息子ももう—・い年だ」
(多く「好い」「佳い」「い」と書く)吉である。めでたい。「—・い日を選んで挙式する」⇔悪い
情操の面ですぐれている。情趣を解する能力がある。
「—・き人のよしとよく見てよしと言ひし吉野よく見よ—・き人よく見」〈・二七〉
動詞の連用形に付いて、動作が簡単・容易・円滑・安楽にできるさまを表す。…しやすい。「住み—・い家」「飲み—・い錠剤
用法]→善く
[補説]現代の日常会話では、終止形連体形に「いい」を多く用いるため、「よい」を用いるとやや改まった感じを与える場合がある。また改まった場面では、1㋐や2㋔などに「よき友」「よき日」というように、文語連体形「よき」を用いることがある。
[派生]よがる[動ラ五]よげ[形動]よさ[名] →よさげ
[類語](1㋐)良質上質上等優良佳良純良良好見事立派上上上乗結構/(1㋑)優れる秀でる偉い優等優秀秀逸錚錚そうそう一廉ひとかど長ずるける粒揃い良好良質優良有数粒選り選抜簡抜抜粋精選厳選特選選り抜き一粒選り選り抜く白羽の矢が立つ/(1㋘)好ましい好もしい申し分ない程良い好個絶好最適グーグッドナイスワンダフル素晴らしい素敵見事じょうずうまい上出来上上じょうじょう言うことなしあっぱれ

え・い【良い/善い/好い】

[形][文]え・し[ク]よい。よろしい。
本間ほんまに器量の—・いものはやな」〈漱石行人

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

国民栄誉賞

内閣総理大臣表彰の一つ。1977年内閣総理大臣の福田赳夫の決裁により設けられた。「広く国民に敬愛され,社会に明るい希望を与えることに顕著な業績のあった者」に贈られる。第1回受賞者はプロ野球選手の王貞治...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android