阿嬌(読み)アキョウ

大辞林 第三版の解説

あきょう【阿嬌】

〔「漢武故事」より。「阿」は親しみを表す語。「嬌」は漢の武帝の后の幼名〕
美しい女性。美人。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

あ‐きょう ‥ケウ【阿嬌】

〘名〙 (「阿」は親しみを表わす語。「嬌」は漢の武帝の蕭皇后の幼名。武帝がやはり幼いころ、「阿嬌」を嫁にできたら、金の家をつくってあげると言ったという「漢武故事」中の話から、転じて) 美しい女。美人。美形。
※黒潮(1902‐05)〈徳富蘆花〉七「五人の阿嬌が手早く杯盤を片寄す所に」 〔蕭子顕‐日出東南隅行〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

イグノーベル賞

ノーベル賞のパロディとして、世界中のさまざまな分野の研究の中から「人々を笑わせ、そして考えさせる業績」に対して贈られる賞。「イグノーベル(Ig Nobel)」とは、ノーベル賞創設者アルフレッド・ノーベ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android