コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

阿弥陀くじ あみだくじ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

阿弥陀くじ
あみだくじ

くじの一種。紙上に人数分だけの線を放射状に書き,線の開いたほうの末端に金額を記入して隠し折る。放射線のかなめの部分で,各人にそれぞれの線を選ばせてから開き,当った金額を各自が出して菓子などを買い,平等に分配する。変種としては縦線の間に横線を入れてそれをたどるものもある。放射状に伸びる線が阿弥陀如来の後光に似ているところから,また,阿弥陀如来の功徳は万民平等であるとされることから名づけられた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

阿弥陀くじの関連キーワードくじ

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android