コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

阿毘羅吽欠 あびらうんけん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

阿毘羅吽欠
あびらうんけん

仏教用語。サンスクリット語a vi ra hūṃ khaṃの音写。以上の5音綴は,それぞれ万有の構成要素である地,水,火,風,空を表わし,大日如来の内面の悟りを表明するとされる。一般には,すべてのことを達成するための一種の呪文として用いられる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

大辞林 第三版の解説

あびらうんけん【阿毘羅吽欠】

〘仏〙 胎蔵界の大日如来の真言。五字明ごじみようともよばれ、五字が順に、地水火風空を意味し、この語をとなえると、すべてが成就するという。前に唵おん、後ろに蘇婆訶そわかをつけてとなえることが多い。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

阿毘羅吽欠
あびらうんきゃん

真言密教における胎蔵界大日如来の真言。「あびらうんけん」とも読む。サンスクリット語ア・ビ・ラ・フーム・カンavira hm. kham.の音写。5字からなるので五字明(ごじみょう)、五字呪(ごじじゅ)ともいう。真言密教では大日如来を宇宙の本体そのものとし、大日如来を胎蔵法では「あびらうんきゃん」、金剛界では「ばざらだどばん」の各真言をもって示す。このうち五字明は宇宙の本体を構成する五要素の象徴である地水火風空の五大を総合的にまとめたものであり、この真言を誦(じゅ)し続けることにより、宇宙の本体たる大日如来と一体となることができるとする。[小野塚幾澄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

阿毘羅吽欠の関連キーワード阿毘羅吽欠蘇婆訶蘇婆訶・薩婆訶唵阿毘羅吽欠地水火風空

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android