コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

阿片法 アヘンホウ

デジタル大辞泉の解説

あへん‐ほう〔‐ハフ〕【×阿片法】

阿片を医療・学術研究用に限定して適正に供給し、乱用を取り締まるために定められた法律。阿片の輸出・輸入・買取・受渡は国が行い、原料となるけしの栽培を許可制とし、阿片の採取、阿片・けしがらの輸出入・譲渡・譲受・所持・吸食などの行為を禁止し、違反行為に対する罰則を定める。昭和29年(1954)施行。薬物四法の一。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android