阿片/鴉片(読み)アヘン

デジタル大辞泉の解説

あへん【×阿片/×鴉片】

《〈英〉opiumの中国の音訳から》
ケシの未熟な果実からとれる乳液を乾燥させた茶褐色の粉末。モルヒネを多量に含み、代表的麻薬の一種。鎮痛・催眠作用がある。常用すると中毒となり廃人同様となる。麻薬及び向精神薬取締法などにより、一般には売買も使用も禁止されている。オピウム
正常な精神を麻痺(まひ)させるものをたとえていう語。
「宗教はかくて民衆を陶酔せしめる―となる」〈田辺元・懺悔道としての哲学〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例