コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

阿蘇都彦 あそつひこ

1件 の用語解説(阿蘇都彦の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

阿蘇都彦 あそつひこ

日本書紀」にみえる神。
景行天皇は熊襲(くまそ)を討ったのち,筑紫(つくし)などをめぐり,阿蘇国についた。野がひろく,人家もみえないので「この国に人がいるか」とたずねると,阿蘇都媛とともに「私たち2人がいます」と人の姿となってあらわれた。このことから国名を阿蘇と名づけたとされる。「古事記伝」では阿蘇神社の祭神の健磐竜命(たけいわたつのみこと)とする。阿蘇津彦ともかく。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

阿蘇都彦の関連キーワード厚鹿文五十河媛市鹿文市乾鹿文大酢別皇子国背別皇子襲武媛高田媛日向髪長大田根媛水歯郎媛

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone