コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

阿蘇神社 あそじんじゃ

7件 の用語解説(阿蘇神社の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

阿蘇神社
あそじんじゃ

熊本県阿蘇市一の宮に鎮座する神社。元官幣大社。祭神はタケイワタツノミコトほか 11神。例祭7月28日(→御田植祭)。8月19日~10月18日の火焚神事で名高い。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

あそ‐じんじゃ【阿蘇神社】

熊本県阿蘇市にある神社。主祭神は健磐竜命(たけいわたつのみこと)。御田植祭は有名。肥後国一の宮
[補説]平成28年(2016)4月の熊本地震で楼門と拝殿が倒壊、神殿も破損した。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

阿蘇神社【あそじんじゃ】

熊本県阿蘇郡一の宮町(現・阿蘇市)に鎮座。旧官幣大社。祭神は健磐竜命(たけいわたつのみこと),ほかに阿蘇都媛(あそつひめ)以下十二宮まである。一宮・二宮・十一宮(国造(くにのみやつこ)速瓶玉命(はやみかたまのみこと))を阿蘇三社という。
→関連項目阿蘇氏阿蘇惟時一の宮[町]火渡り巻狩

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル大辞泉プラスの解説

阿蘇神社

熊本県阿蘇市にある神社。第7代孝霊天皇の御代の創祀とされる。祭神は健磐龍命(たけいわたつのみこと)など阿蘇12神。肥後国一之宮。全国阿蘇神社の総本社。神殿や楼門などは国の重要文化財。御田植神幸式、卯の祭、火振行事など、国の重要無形民俗文化財阿蘇の農耕祭事」の祭礼の多くがこの神社で行なわれる。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

あそじんじゃ【阿蘇神社】

熊本県阿蘇郡一の宮町に鎮座。健磐竜(たけいわたつ)命を主神とする十二神をまつる。式内社,肥後国の一宮,旧官幣大社。《隋書》倭国伝には,阿蘇山噴火と禱祭の記事があり,《日本後紀》は噴火と神霊池の奇瑞の異変をもって,託宣神としての霊威を朝廷が重視していることを示している。この火口神健磐竜命が阿蘇地域の農業共同体の祖神と合体して,阿蘇火口原の開拓神としての性格を兼ね,現一の宮の地に社地が設定されて,十二神の神系とその祭祀が整えられていったとみられる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

あそじんじゃ【阿蘇神社】

熊本県阿蘇市一の宮町にある神社。主神は建磐竜命たけいわたつのみこと。肥後国一の宮。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

阿蘇神社
あそじんじゃ

熊本県阿蘇市一の宮町宮地(いちのみやまちみやじ)に鎮座。阿蘇十二神、すなわち一宮健磐竜命(たけいわたつのみこと)、二宮阿蘇都比(あそつひめ)命、三宮国竜神(くにたつのかみ)、四宮比御子(ひめみこ)神、五宮彦御子(ひこみこ)神、六宮若比(わかひめ)神、七宮新彦(にいひこ)神、八宮新比(にいひめ)神、九宮若彦(わかひこ)神、十宮弥比(やひめ)神、十一宮速瓶玉(はやみかたま)命、十二宮金凝(かなこり)神を祀(まつ)り、さらに別殿に『延喜式(えんぎしき)』に記す全国3132座の神を祀る。一宮健磐竜命は神武(じんむ)天皇の子神八井耳(かんやいみみ)命の子、二宮阿蘇都比命はその妃(きさき)で、そのほかはすべてその血縁関係にあたる。社伝によれば、健磐竜命は神武天皇の特命を受けて九州鎮護の任にあたり、当時大湖水であった阿蘇火口湖を開いて美田を開発し、住民に農耕の道、畜産の法を教えたといい、その子速瓶玉命によって孝霊(こうれい)天皇の代に祀られたのが本社の創建という。古来朝廷の崇敬厚く、859年(貞観1)に正二位、延喜の制で名神大社とされ、1017年(寛仁1)、後一条(ごいちじょう)天皇のとき一代一度の大奉幣(だいほうべい)にあずかる。肥後国(熊本県)一宮。広大な社領をもち、中世にも武将に崇敬され、南北朝の争乱期に大宮司家が活躍したが、豊臣(とよとみ)秀吉により社領を没収され、往時の勢いは衰えた。1914年(大正3)に官幣大社となる。創建以来、祭神の子孫阿蘇大宮司が奉仕し現在に至っている。
 祭礼には、例祭7月28日の御田植(おたうえ)神幸式(おんだ祭)、3月の田作(たづくり)祭、9月の田の実神事などがあり、古来の特殊神事をよく伝えている。これらは、「阿蘇の農耕祭事」として国の重要無形民俗文化財に指定されている。
 なお、2007年には、神殿や楼門などの社殿が国の重要文化財に指定された。[鎌田純一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

阿蘇神社の関連キーワード熊本県阿蘇市一の宮町荻の草熊本県阿蘇市一の宮町北坂梨熊本県阿蘇市一の宮町坂梨熊本県阿蘇市一の宮町三野熊本県阿蘇市一の宮町手野熊本県阿蘇市一の宮町中坂梨熊本県阿蘇市一の宮町中通熊本県阿蘇市一の宮町宮地熊本県阿蘇郡南阿蘇村中松健磐竜命

阿蘇神社の関連情報