阿部古美奈(読み)あべのこみな

朝日日本歴史人物事典の解説

阿部古美奈

没年:延暦3.10.28(784.12.14)
生年:生年不詳
8世紀の女官,平城・嵯峨天皇の外祖母。子美奈,古弥奈にもつくる。中務大輔従五位上阿部糠虫の娘。式家藤原良継の妻となり,天平宝字4(760)年桓武天皇の皇后となった乙牟漏を生んだ。後宮女官としては,宝亀6(775)年8月従四位下に昇ってから順調に昇階し,尚蔵兼尚侍従三位で没した。大同1(806)年6月平城天皇の即位に際して,外祖父・母のをもって夫良継と共に正一位を追贈された。

(梅村恵子)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

終末時計

アメリカの科学雑誌『ブレティン・オブ・ジ・アトミックサイエンティスツ』が毎号表紙に掲げている「地球最後の日」までの時間を表示する時計。核戦争の危機を訴え,1947年に初めて登場。米ソ冷戦の終結を迎えて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android