コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

阿部定事件 あべさだじけん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

阿部定事件
あべさだじけん

昭和初期の猟奇事件。 1936年5月 18日,東京荒川尾久の待合「まさき」に泊っていた阿部定は,同宿の料理屋経営石田吉蔵を細紐で殺し,男の大腿に血で「定・吉二人」と書き,男性器切断,所持したまま逃走同月 20日午後5時半,品川駅前の旅館に偽名で泊っているところを高輪署員に逮捕された。軍国主義と右翼テロの重苦しい時代風潮のなかで人間臭い猟奇事件として話題をさらった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

あべさだじけん【阿部定事件】

1936年5月18日,東京の荒川区尾久町(現,東尾久)の三業地内の待合まさきで,中野区新井町で小料理店を経営していた石田吉蔵が,石田の店の女中をしていた阿部定(当時31歳)と数日間を過ごし,情痴の果てに殺された。殺した阿部定は血文字を残し,男根を切りとって逃走したので,猟奇的な怪事件としてジャーナリズムが大きく報道した。右翼青年将校が重臣顕官などを暗殺したクーデタである二・二六事件のあとなので,阿部定事件は国民の気分転換に役立てられたのである。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

阿部定事件の関連キーワード愛のコリーダ竹内 金太郎村松 常雄阿部 定

今日のキーワード

だまされたふり作戦

「振り込め詐欺」に代表される特殊詐欺事件の警察による捜査手法の一つで、振り込め詐欺と思われる不審な電話があった時、被害者が協力してだまされたふりをし、容疑者の電話番号、振込先、訪問時間などを聞き出し、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

阿部定事件の関連情報