コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

阿部正次 あべ まさつぐ

2件 の用語解説(阿部正次の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

阿部正次 あべ-まさつぐ

1569-1647 江戸時代前期の大名。
永禄(えいろく)12年生まれ。阿部正勝の長男。徳川家康につかえ,大坂の陣で功をたてる。上総(かずさ)(千葉県)大多喜城主,相模(さがみ)(神奈川県)小田原城主をへて,元和(げんな)9年武蔵(むさし)岩槻(いわつき)藩(埼玉県)藩主阿部家初代となる。5万5000石。のち加増され,8万6000石。奏者番をへて,大坂城代を21年つとめた。正保(しょうほ)4年11月14日死去。79歳。三河(愛知県)出身。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

阿部正次

没年:正保4.11.14(1647.12.10)
生年:永禄12(1569)
江戸前期の大坂城代,上総大多喜,相模小田原,武蔵岩槻藩主。伊予守。徳川氏の部将阿部正勝の長男。母は江原定次の娘。三河生まれ。徳川家康から家光まで仕え,慶長5(1600)年書院番頭,武蔵鳩ケ谷1万石。15年には1万5000石。翌16年大番頭。大坂冬夏両陣に活躍。元和2(1616)年2万2000石,奏者番,翌年大多喜3万石,5年小田原5万石,寛永1(1624)年岩槻5万5000石,翌年5万6000石と転加封を重ねた。3年大坂城代となり8万6000石。14年島原の乱勃発を知ると,正次は江戸の指令を待たずに九州の諸大名に出兵を命じ,臨機応変の処置を将軍家光から称賛される。15年摂津3万石を残し,他の所領を子や孫に分知。正保4(1647)年大坂城中で死去。のち大坂城代の鑑といわれた。<参考文献>『岩槻市史』藩政史料上下,『大阪府史』3巻

(根岸茂夫)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
朝日日本歴史人物事典について | 情報

世界大百科事典内の阿部正次の言及

【阿部氏】より

…近世大名。祖正勝は徳川家康に仕え,1590年(天正18)に5000石を知行。その子正次のとき大名となり,1617年(元和3)に上総大多喜城主。のち相模小田原,武蔵岩槻と転じ,たびたび加増されて8万6000石を領する。その後正邦のとき,丹後宮津,下野宇都宮を経て1710年(宝永7)備後福山に移封,以後幕末に至る(福山藩)。領知高は宇都宮転封時に10万石,1852年(嘉永5)正弘のとき11万石となる。維新後は伯爵。…

【大坂城代】より

…この地位の重要性により,最高15万石,最低は仮役の場合であるが2万石,だいたいにおいて5万~11万石の譜代大名が任命された。任期は不定で,寛永・正保期の阿部正次(21年),寛文・延宝期の青山宗俊(16年),元禄~正徳期の土岐頼隆(21年)が長期間であるが,1年未満もあり,数年で動く例が多かった。承応~万治期には水野忠職,内藤忠興,松平光重の3名が,3年ついで1年で交代し勤務していたこともあった。…

※「阿部正次」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

阿部正次の関連キーワード阿部正次山之井トスカナ大公国高校授業料の無償化斎藤徳元杉山杉風ベール坂田藤十郎人民協定パトニ討論

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone