コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

限りなく透明に近いブルー カギリナクトウメイニチカイブルー

デジタル大辞泉の解説

かぎりなくとうめいにちかいブルー【限りなく透明に近いブルー】

村上竜の小説。1960年代後半の、米軍基地周辺に住む若者たちの生活を描く。昭和51年(1976)発表。同年、第19回群像新人文学賞、第75回芥川賞受賞。昭和54年(1979)、作者自身の監督・脚本により映画化。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

限りなく透明に近いブルーの関連キーワード三田村邦彦森本浩之加藤典洋村上龍

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

限りなく透明に近いブルーの関連情報