コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

限嗣不動産権 げんしふどうさんけんentail; fee tail

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

限嗣不動産権
げんしふどうさんけん
entail; fee tail

コモン・ロー上の,土地に対する権利の一つ。この権利の譲与を受けた者は当該土地を第三者に譲渡することができず,その死後,土地は直系卑属に代々移転するものである。限嗣不動産権の基本的条件は,この権利の譲与を受けた者が直系卑属なくして死亡した場合,土地は譲与者に復帰するということである。限嗣不動産権の概念は封建的起源をもち,広大な所領が分割相続や相続人の不存在によって分割されてしまうことの防止に役立ったことから,土地を紐帯とする貴族社会を支えていた。イギリスでは何度かの制定法による改革によって,今日では限嗣不動産権の保有者は,その土地を単純捺印証書 simple deedやさらには遺言によって第三者に譲渡することが認められている。植民地時代のアメリカ主として中部と南部の諸州においては,限嗣不動産権が存在していたが,現在,大半の州は 1776年に T.ジェファーソンバージニア州のために起草した制定法にならって,廃止している。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone