コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

限外ろ(濾)過

百科事典マイペディアの解説

限外ろ(濾)過【げんがいろか】

コロイド粒子のようなきわめて微細な粒子を分離するために用いられるろ過法。コロジオン膜やセロハン膜などの半透膜を使用する。膜にある細穴の直径は0.002〜0.005mm程度。膜を補強するため素焼板やエボナイトの台にはさんだり,膜をろ紙の上に作って使用し,ろ過速度を大きくするために減圧または加圧して行うことが多い。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

パルムドール

カンヌ国際映画祭で、最優秀作品に与えられる賞。[補説]多く「金のシュロ」と訳されるが、日本原産のシュロ(ワジュロ)ではなく、ヤシ科のナツメヤシがモチーフとなっている。ナツメヤシは、西洋では勝利・栄誉の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android