コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

院拝礼 いんのはいれい

世界大百科事典 第2版の解説

いんのはいれい【院拝礼】

宮廷年中行事。毎年,正月元日に院の御所においておこなわれる朝賀の一つ。天皇が上皇の御所へ朝賀に参る儀式をいう。また,一説に百官群臣が太上天皇を拝する儀式をいうともある。1073年(延久5)正月元日,白河天皇が後三条上皇の御所へ朝賀に参ったのを,そのはじめとする。以後,18世紀の元禄,享保,寛延年間まで,おこなわれていたことが明らかである。【山中 裕】

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android