陪席裁判官(読み)ばいせきさいばんかん(英語表記)associate judge

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

陪席裁判官
ばいせきさいばんかん
associate judge

合議体の裁判所における裁判長以外の裁判官。裁判の評決については,裁判長と陪席裁判官は対等の立場にあるが,訴訟手続進行については,原則として裁判長に権限が集中し,陪席裁判官は裁判長に告げて当事に質問をしたり,立証を促すなど補充的役割を果たすにとどまる (民事訴訟法刑事訴訟法) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ばいせき‐さいばんかん ‥サイバンクヮン【陪席裁判官】

〘名〙 合議制裁判所を構成する裁判官で裁判長以外の者。陪席判事。〔民事訴訟法(1948)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の陪席裁判官の言及

【裁判官】より

…簡易裁判所はつねに単独制をとる(35条)。合議体を構成する裁判官のうち1名は裁判長として,他は陪席裁判官として職務を執行する。裁判長は,合議体を代表して訴訟の指揮や法廷の秩序の維持にあたり,また,期日の指定,訴状の点検など,固有の権限に基づく訴訟行為を行い,さらに,裁判の評議を開いて,これを整理する(75条2項)が,評決にあたっては,陪席裁判官と同等の権限を有するにすぎない。…

※「陪席裁判官」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android