陰裏の芋も味のつく時分(読み)かげうらのいももあじのつくじぶん

  • かげうら
  • の 芋(いも)も味(あじ)のつく時分(じぶん)
  • 陰裏

精選版 日本国語大辞典の解説

(「芋」は男性の性器を表わす。成長がおそいはずの日陰に植えた芋でも、いつのまにか成長して食べ頃になる意から) 青年男子が年頃になると色気づくことのたとえ。
※浮世草子・好色万金丹(1694)四「すでに十八の秋風も身に沁(し)む比(ころ)なれや、陰裏(カゲウラ)の芋(イモ)も味(アヂ)のつく時分、女と寐て見たいと思ふ心ざしはあれど」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android