陳暘楽書(読み)ちんようがくしょ(英語表記)Chén yáng yuè shū

世界大百科事典 第2版の解説

ちんようがくしょ【陳暘楽書 Chén yáng yuè shū】

北宋の陳暘の書。全200巻。1101年(建中靖国1)徽宗に献上されたが,出版されたのは99年(慶元5)だったという。ふつうには《楽書》で知られる。内容は音楽,演劇舞踏曲芸式典などにわたる。四書五経などの文を引き解釈を加えた訓義篇の前半と,図を多く入れて楽理,楽器,楽隊舞隊の配列を示した楽図論の後半とからなる。論調音域をオクターブ以下,音階半音なしの5音音階を主張するなど保守的で俗楽胡楽の流行音楽を否定した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

大学入試センター試験

国立大学の共通第1次学力試験制度は、1979年度に導入された。入学試験を第1次と第2次とに分け、第1次試験は大学入試センターが共通学力試験を実施。第2次試験は各大学がきめ細かな入学者選抜を行うことを目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android