コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

胡楽 コガク

デジタル大辞泉の解説

こ‐がく【×胡楽】

中国古代北方民族のの国で行われた音楽。漢代以後に中国に伝わり、南北朝・唐の時代に流行

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

こがく【胡楽 hú yuè】

中国の外来音楽で特に漢族音楽に著しい影響を与えた西域音楽をいう。先秦時代も四夷楽としてあったが,北方匈奴の楽と張騫(ちようけん)が持ち帰った西域曲が,新しい漢朝音楽を作ったのを始まりとする。以後はイラン・インド系の西域楽を中心に,南北朝にかけて胡服,胡食等の胡俗とともにますます流行し,非漢族支配下の北方はことに朝野に浸透した。隋の文帝雅楽を擁護して胡俗楽を七部伎と分けた(6世紀末)が唐初に十部伎となり,玄宗期(8世紀中葉)にはまた新しく入った胡楽と俗楽が融合し音楽芸術の最盛期を迎えた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

こがく【胡楽】

中国、唐代の音楽のうち、周辺の諸民族に起源をもつものの総称。西域楽を主体とする。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の胡楽の言及

【中央アジア】より

…さらに仏教文化の栄えた時代の出土品には,琵琶,箜篌(くご)類と細腰鼓(腰鼓)が見られて,それぞれの時代の音楽を彷彿させる。また中国で胡楽として伝えられるものが中央アジアの音楽を総称しているといえるが,唐代に完成された十部伎のうち五部伎(亀茲(クチャ),康国(サマルカンド),疏勒(カシュガル),安国(ブハラ),高昌の各楽)までが中央アジアの都市国家の名前で呼ばれており,それぞれに独自な音楽様式をもっていたことが知られる。 8~10世紀にかけては中央アジアの大部分がイスラム化し,10世紀のファーラービー,11世紀のイブン・シーナーといった音楽理論家は中央アジアの出身者であるが,アラブ音楽の理論家としてのみ知られている。…

【中国音楽】より

… だが音楽を発展させてきたのは,改革精神に満ち,外来音楽をも貪欲に摂取してきた俗楽の方である。古代の胡楽,近代の洋楽などの受入れは,楽理,楽曲や楽器においても,巧みに中国的な取捨選択,改良,発展を行い,中国化してきた。その過程で伝統は墨守せず,改革することでこそ継承できるという観念が育った。…

※「胡楽」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

胡楽の関連キーワード中央アジア音楽燕楽(宴楽)壱鼓・一鼓中国音楽陳暘楽書高麗楽林邑楽二部伎胡飲酒鶏婁鼓総称起源主体周辺教坊燕楽揩鼓箜篌羯鼓

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android