コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

陳登科 ちんとうかQin Dong-ke

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

陳登科
ちんとうか
Qin Dong-ke

[生]1919
中国の作家。小科という筆名ももつ。江蘇省漣水県の人。 1940年抗日ゲリラに参加し,45年中国共産党に入党。記者活動後,52年中国作家協会会員。文化大革命で投獄されるが,のち名誉回復される。処女作『鬼子抓壮丁』 (1944) 以来,多くの小説,ルポルタージュ戯曲,評論などがある。代表作中編小説活人塘』,長編小説『風雷』。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

陳登科の関連キーワードフォード(John Ford(1895―1973))グリフィス石英岩ビダー牧野省三デミル(Cecil Blount De Mille)ドライヤー(デンマークの映画監督)反戦運動ルビッチシャルロット

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android