大山古墳/大仙古墳(読み)ダイセンコフン

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

大山古墳
だいせんこふん

大阪府堺(さかい)市大仙(だいせん)町にある古墳時代中期の超大型の前方後円墳。百舌鳥(もず)古墳群の盟主的存在。墳丘の長さでは第1位で、仁徳(にんとく)天皇陵に指定されている。現状では三重の周濠(しゅうごう)をもつが、1892年(明治25)ころから約10年間、明治政府が濠の大規模な工事を行ったため、本来の形は明らかでなくなっており、少なくとも三重濠が周濠になったのは明治時代のことである。
 大山古墳の墳丘は、長さ486メートル、後円部の径245メートル、高さ34メートル、前方部端の幅300メートル、高さ34メートルあって、後円部径の2倍がほぼ墳丘の長さになるという設計。前方後円墳としては長細く、したがって墳丘の総容量では誉田山(こんだやま)古墳(応神(おうじん)天皇陵に指定)よりやや小さく約141万立方メートルである。墳丘全体に乱れた部分と整った部分とがあり、整った部分は明治時代の修築を示すとする説がある。したがって、墳丘を現地で検討できない現時点で本来の形状を復原することはむずかしいが、両くびれ部に造り出しを備え、ほぼ3段に築かれており、斜面には葺石(ふきいし)を用い、円筒・人物・馬・鳥などの形象埴輪(はにわ)や須恵器(すえき)が出土しており、円筒埴輪は濠の堤にも立てられている。1872年(明治5)前方部で長持(ながもち)形石棺を納めた竪穴(たてあな)式石室が発掘され、ガラスの皿や碗(わん)、金めっきをした短甲(たんこう)や眉庇付冑(まびさしつきかぶと)、鉄刀などが出土した。現在ボストン美術館にある銅鏡と刀の環頭(かんとう)(環状の飾りをつけた柄頭(つかがしら))もこのときの出土品であるとする伝えがある。なお後円部にも江戸時代に長持形石棺があったとする、当時の記録がある。前方部の石室が大山古墳造営時またはそれに近いころのものか、それとも約半世紀を経てのものかによって、大山古墳の年代推定は変わるけれども、前方部の石室は5世紀末~6世紀初頭であろう。なお陪塚(ばいづか)の塚廻(つかまわり)古墳から、巨大な勾玉(まがたま)、銅鏡、鉄製刀剣などが出土している。[森 浩一]
『宮内庁書陵部陵墓課編『陵墓関係論文集』(1980・学生社) ▽森浩一著『巨大古墳の世紀』(岩波新書)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の大山古墳/大仙古墳の言及

【仁徳陵】より

…大阪府堺市大仙町に所在する大型前方後円墳。全長486m,後円部径249m,後円部高35m,前方部幅305m,前方部高34mを測る。外周に三重の濠がめぐり,葺石(ふきいし)をそなえ,墳丘および中堤に埴輪を樹立する。梅原末治の算出によれば,埴輪の総数は2万本を超すという。1872年に前方部の一部が崩れて,長持形石棺を竪穴式石室に納めた埋葬施設が露出し,副葬品が取り出された。この崩壊は風水害によるというが,盗掘説もある。…

※「大山古墳/大仙古墳」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

配偶者

夫婦の一方からみた他方。配偶者としての身分は、婚姻によって取得し、婚姻の解消によって失う。親族ではあるが、親等はない。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android