コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

陶庵夢憶 とうあんむおくTao-an meng-yi

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

陶庵夢憶
とうあんむおく
Tao-an meng-yi

中国の随筆。明末清初の張岱 (ちょうたい) の著。清の乾隆年間 (1736~95) の刊。「陶庵」は著者の号。張岱は江南屈指の名門の嫡子で,豪奢をきわめた風雅な生活をおくったが,明朝の滅亡に際し家財を投じて抗清に協力,やがて敗残の身を会稽山中に隠し,明一代の歴史を『石匱 (き) 書』と題してまとめるかたわら,本書を著わした。栄華にふけった前半生と,それを取巻く明末江南の繁華な世相を一場の夢と観じ,追慕して綴ったもので,行事,遊楽,飲食,器物などについての思い出を精緻な筆で淡々と描く。中国歴代の随筆中でも有数の作品とされる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android