コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

陶氏 すえうじ

世界大百科事典 第2版の解説

すえうじ【陶氏】

室町・戦国時代の周防の豪族。大内氏の庶流。源平時代の大内介盛房の弟盛長が右田氏を興し,その曾孫弘賢が周防吉敷郡陶村を領して陶氏を称したのに始まる。その子弘政が南北朝時代に周防都濃郡富田保の地頭職を得て以降,富田に本拠を移し,国衙領(東大寺領)を横領して基盤を築いた。次の弘長は1401年(応永8)長門守護代となり,盛長,盛政に受け継がれた。周防守護代は32年(永享4)盛政の就任以来陶氏の世襲となり,大内家中に重きをなした。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

陶氏の関連キーワード若山城と陶晴賢山口(県)大内義隆伝奇漫録毛利元就厳島の戦陶晴賢長門国周防国長州藩若山城少将

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android