コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大内政弘 おおうち まさひろ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

大内政弘 おおうち-まさひろ

1446-1495 室町-戦国時代の武将。
文安3年8月27日生まれ。大内教弘(のりひろ)の長男。周防(すおう),長門(ながと),豊前(ぶぜん),筑前(ちくぜん)の守護。応仁(おうにん)の乱では山名持豊の西軍にくわわる。雪舟等楊(せっしゅう-とうよう)ら文化人を保護。「新撰菟玖波(つくば)集」に数おおくの句がおさめられている。明応4年9月18日死去。50歳。幼名は亀童丸,太郎。家集に「拾塵和歌集」。
【格言など】かほどまで衰ふる世に思ふかなさこそ昔の秋の夜の月(「初渡集」)

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

大内政弘

没年:明応4.9.18(1495.10.6)
生年:文安3(1446)
室町・戦国時代の武将。幼名亀童丸。新介と称し,官途は左京大夫。教弘の子。寛正6(1465)年,教弘の死後家督を継ぎ,周防・長門・豊前・筑前などの守護となる。応仁1(1467)年応仁の乱が起こると,西軍の武将として東上し,京都とその周辺で東軍と戦う。この隙に乗じ,文明1(1469)年少弐頼忠(政資)が筑前国を奪取。翌年には伯父の教幸が挙兵して政弘に反旗を翻すなど,領国支配は危機に陥った。同6年幕府に降伏し,同9年に周防・長門・豊前・筑前の守護職などを安堵され,山口に帰った。翌年9月,少弐氏討伐のため九州に渡り,豊前・筑前を回復。以後,知行制を進めたり山口の評定衆・奉行人の整備を行い,応仁の乱でゆるんだ領国支配の強化を図った。長享1(1487)年や明応1(1492)年の幕府の近江遠征に軍勢を派遣。明や朝鮮とも交流を持ち,文化人との交流も深く,『拾塵和歌集』という歌集がある。<参考文献>米原正義『戦国武士と文芸の研究』

(佐伯弘次)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

防府市歴史用語集の解説

大内政弘

 1465年に大内家の当主になり、応仁の乱[おうにんのらん]には山名持豊[やまなもちとよ]の軍として参加しています。山名軍でも有力な武将でした。文化面での業績も多く、山口を訪れた雪舟せっしゅう]に庵を与えるなどの保護をしています。

出典|ほうふWeb歴史館防府市歴史用語集について | 情報

大辞林 第三版の解説

おおうちまさひろ【大内政弘】

1446~1495) 室町後期の武将。応仁の乱で山名持豊(宗全)の西軍に加わり、大軍を率いて上京、戦功を立てる。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

367日誕生日大事典の解説

大内政弘 (おおうちまさひろ)

生年月日:1446年8月27日
室町時代;戦国時代の武将。周防・長門・筑前などの守護
1495年没

出典|日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について | 情報

世界大百科事典内の大内政弘の言及

【応仁・文明の乱】より

…しかもこれを契機に戦闘は各地に広がりを示した。2月中旬には細川分国の兵に上洛が命じられたことが風聞されていたし,山名方としては大内政弘が上洛するという情報が京都にとどいていた。播磨国では,細川方の赤松政則の兵が山名方を追い備前・美作両国に攻め込んでいた。…

【大内氏】より

…中世の西中国の雄族(図)。百済聖明王第3子琳聖太子が周防国多々良浜に着岸,聖徳太子より大内県を采邑とし多々良の姓を賜ったと伝える。鉄製錬技術をもち半島から帰化した氏族であろう。12世紀中葉から周防在庁の有力者で盛房以来周防権介を世襲し大内介と称した。13世紀後半惣領家は在国司ほかの要職を,庶家の問田(といた)・右田(みぎた)・鷲頭(わしず)の諸家も在庁の要職を保持し,同時に鎌倉御家人で六波羅評定衆。…

【周防国】より

…旧国名。防州。現在の山口県東部地方。
【古代】
 山陽道に属する上国(《延喜式》)。793‐849年(延暦12‐嘉祥2)の間に中国から上国に昇格した。《和名抄》は〈スハウ〉とよむ。もと〈周芳〉につくり,大宝令施行後〈周防〉に一定した。国司管治の国としては《日本書紀》天武10年(681)条に初見する。大島,熊毛(くまけ),都濃(つの),佐波(さば),吉敷(よしき)の5郡に721年(養老5)に熊毛郡をわけて玖珂(くか)郡を設置して6郡となった。…

【礼銭】より

…例えば継目安堵の判物下付の礼銭でいえば,小早川氏は,1487年(長享1)継目安堵の御礼に上洛するに際し,庶子家や家臣に分担をさせ,土倉(どそう)に質入れを行って,400貫文弱を調達,上洛費用と礼銭分を調えている(《小早川家文書》)。応仁・文明の乱で,西軍の大内政弘の帰降に際しては,将軍御台日野富子に対して種々の名目で340貫文の礼物が進上されている。これらの礼銭は幕府家臣のみならず貴族・寺社に及び,東寺を例にとれば,管領,守護,奉行などに所領安堵,課税免除の礼銭,一献料を進上している。…

※「大内政弘」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大内政弘の関連キーワード室町時代(年表)船岡山の戦い新撰菟玖波集猪苗代兼載常栄寺庭園筒井順永河野通春骨皮道賢細川持賢益田兼尭大内輝弘米原正義大内義興益田貞兼千葉胤朝内藤護道宗像氏弘武田元綱常栄寺陶弘護

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

大内政弘の関連情報