コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

陸王大型オ-トバイ

1件 の用語解説(陸王大型オ-トバイの意味・用語解説を検索)

日本の自動車技術240選の解説

陸王大型オ-トバイ

陸軍の要請 に応じて製作した国産最初の大型オートバイで、アメリカのハーレー・ダビッドソン社の協力により、約1500台が生産され、大部分は市販に廻されており、個人コレクター小規模博物館(例えば軽井沢二輪車資料館など)に実車があるが、公共の博物館には見当たらない。保管場所樋口 (〒185-0034 国分寺市光町3-28-30)
製作(製造)年1935
製作者(社)陸王内燃機
資料の種類文献
現状保存・非公開
車名陸王大型オートバイ
会社名陸王内燃機(1937年社名「三共内燃機」から変更)
実車所在/模型樋口 健治宅(〒185-0034国分寺市光町3-28-30、電話番号042-575-6083)、軽井沢二輪車資料館(〒389-0111長野県北佐久郡軽井沢町長倉2148)
製作開始年1935
製作終了年1940
参考文献八重洲出版、国産モーターサイクル戦後史(1987年)他、日本機械学会機械工学年鑑(1936年)
その他事項社名:東京農工大学;記入部課名:名誉教授 (電話番号)042-575-6083(自宅);記入者名:樋口 健治;関連工業会:社団法人自動車技術会;1.資料名称:自動二輪車資料;1.資料名称(型式名):陸王第一号オートバイ文献;4.担当者(氏名):樋口 健治;4.担当者(所属):東京農工大学 名誉教授;資料の種類:文献;現状:保存;公開・非公開の別:非公開;

出典|社団法人自動車技術会
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

陸王大型オ-トバイの関連キーワード応召機動力供出制に応ず船役応能負担クルップ砲代理処罰今村方策

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone