陸続(読み)りくぞく

精選版 日本国語大辞典「陸続」の解説

りく‐ぞく【陸続】

〘名〙 (形動タリ) つぎつぎに引きつづくこと。ひっきりなしにくさま。
※通俗酔菩提全伝(1759)一「程なく十八日に成ければ。諸山の僧衆(リクゾクして)(〈注〉ダンダンニ)進み来る」
※西国立志編(1870‐71)〈中村正直訳〉一〇「借債、欺偽、互ひに相ひ陸続(〈注〉ツツキ)追随して、一生の路を行くこと、に悲しからずや」

りく‐つづき【陸続】

〘名〙 陸地から陸地に続いていること。二地点間が陸でつながっていて、間に海などの隔てがないこと。おか続き。
※幼学読本(1887)〈西邨貞〉七「今若し此の部分の陸続きの処を切り割るとせば、海其の四方を取り囲む可し」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「陸続」の解説

りく‐ぞく【陸続】

[ト・タル][文][形動タリ]次々と連なり続くさま。「支援部隊が陸続と到着する」
[類語]引っきり無し頻繁しきりに

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「陸続」の解説

【陸続】りくぞく

絶えずにつづくさま。陸游〔小兒輩の行在に到るを喜ぶ〕 を截(き)り馬と作(な)して、走りて(や)まず 小車、を駕して、聲陸續たり

字通「陸」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

粉骨砕身

骨を粉にし、身を砕くこと。力の限り努力すること。一所懸命働くこと。[活用] ―する。[使用例] こうなったら、粉骨砕身、身をなげうって社長の政界入りをお手助けせにゃあ[三島由紀夫*近代能楽集|1950...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android