陸続(読み)りくぞく

精選版 日本国語大辞典「陸続」の解説

りく‐ぞく【陸続】

〘名〙 (形動タリ) つぎつぎに引きつづくこと。ひっきりなしにくさま。
※通俗酔菩提全伝(1759)一「程なく十八日に成ければ。諸山の僧衆(リクゾクして)(〈〉ダンダンニ)進み来る」
※西国立志編(1870‐71)〈中村正直訳〉一〇「借債、欺偽、互ひに相ひ陸続(〈注〉ツツキ)追随して、一生の路を行くこと、に悲しからずや」

りく‐つづき【陸続】

〘名〙 陸地から陸地に続いていること。二地点が陸でつながっていて、間に海などの隔てがないこと。おか続き。
※幼学読本(1887)〈西邨貞〉七「今若し此の部分の陸続きを切り割るとせば、海其の四方を取り囲む可し」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「陸続」の解説

りく‐ぞく【陸続】

[ト・タル][文][形動タリ]次々と連なり続くさま。「支援部隊が陸続と到着する」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

榷場

中国,宋代に北・西方の外民族との貿易を管理するため国境におかれた官庁。 榷務,榷署とも呼ばれる。太平興国2 (977) 年,契丹との交易のため設けられたのに始り,景徳4 (1007) 年西夏との間にお...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android