頻り(読み)シキリ

デジタル大辞泉の解説

しきり【頻り】

[形動][文][ナリ]《動詞「しき(頻)る」の連用形から》
同じことが何度も引き続き起こるさま。ひっきりなし。「警笛が頻りに鳴る」「問い合わせが頻りだ」
程度・度合いが著しいさま。むやみ。やたら。「頻りに故郷を懐かしむ」「雨が降ること頻りだ」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

しきり【頻り】

( 形動 ) [文] ナリ 
〔動詞「頻る」の連用形から〕
短期間に同じことが何度も繰り返し起こるさま。引き続いて起こるさま。 「催促が-だ」 「御使-なれど聞き入るる人もなし/栄花 衣の珠

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android