コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

陽咸二 よう かんじ

1件 の用語解説(陽咸二の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

陽咸二 よう-かんじ

1898-1935 大正-昭和時代前期の彫刻家。
明治31年5月6日生まれ。小倉右一郎に師事。大正7年文展に初入選,11年帝展で特選。15年構造社に参加,昭和4年会員となる。10年帝展無鑑査。昭和10年9月14日死去。38歳。東京出身。作品に「サロメ」「ある休職将軍の顔」など。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

陽咸二の関連キーワード日本浪曼派治安維持法社会小説近代経済学イギリス映画挟みトヨダトラックG1型雪之丞変化芥川賞直木賞

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone