コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

隆然 りゅうねん

3件 の用語解説(隆然の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

隆然
りゅうねん

鎌倉時代の声明 (しょうみょう) 家。字は勇心房。当代無双といわれた声明の達人で,当時の南山進流三派の一つの覚証院方の祖。『私案記』『音声十二管笛図』などを著わした。『魚山たい芥 (たいかい) 集』中の各声明曲の冒頭にあって,調子決定のよりどころを示す『略頌文』を作り,また,従来の声明譜を覚意作の五音博士をもって翻譜したとも伝えられている (→博士 ) 。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

りゅう‐ぜん【隆然】

[ト・タル][文][形動タリ]高く隆起しているさま。
「其平地が…十七里向うへ行って又―と起き上って」〈漱石草枕

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

りゅうぜん【隆然】

( トタル ) [文] 形動タリ 
高く隆起しているさま。 「平地が尽きて、海の底へもぐり込んで、十七里向ふへ行つて又-と起き上がつて/草枕 漱石
強くもりあがるさま。 「国民与望-たり/佳人之奇遇 散士

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

隆然の関連キーワード巍峨巍然高爽些些蕭疎突兀巍巍