コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

隆起海食台 りゅうきかいしょくだいuplifted abrasion platform

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

隆起海食台
りゅうきかいしょくだい
uplifted abrasion platform

海食台が隆起して陸上に現れた地形。表面の傾斜はきわめてゆるやかで海面に向かって低下し,背後には旧海食崖がみられる。海食台の構成物質はほとんど基盤岩石であるが,その上に薄く海成堆積物が乗ることもある。前面が浸食されて急崖をなす場合が多く,海食段丘または海岸段丘と呼ばれることもある。志摩半島三浦半島佐渡島をはじめ,日本の各地の岩石海岸にその例が多い。(→波食台

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

隆起海食台の関連キーワード足摺宇和海国立公園山形県酒田市飛島日南海岸国定公園青島(宮崎市)大宜味(村)御前崎[町]大宜味[村]宜野座[村]仁右衛門島金武[町]紀ノ松島隆起海岸東(村)根室半島釧路平野爪木崎先志摩仏ヶ浦海豹島牧ノ原

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android