コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

海成堆積物 かいせいたいせきぶつthalassic sediment

岩石学辞典の解説

海成堆積物

もとはブロニアールが第三紀および白亜紀堆積岩に与えた名称であるが[Brongniart : 1927],後に海,特に深海の堆積物の意味で用いられた.ギリシャ語のthalassosは海の意味.

出典|朝倉書店岩石学辞典について | 情報

海成堆積物の関連キーワードナンノプランクトンサーレマー[島]隆起海食台縞状鉄鉱層洪積台地第四紀

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android