コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

志摩半島 しまはんとう

7件 の用語解説(志摩半島の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

志摩半島
しまはんとう

三重県東部の半島。北は伊勢湾,南は熊野灘,東は遠州灘にのぞむ。地形的には伊勢平野に属する北部と,紀伊山地の延長にあたる浸食の進んだ山地の中部,国崎-横山-浜島を結ぶ線以南の海食台地である先志摩台地に分れる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

しま‐はんとう〔‐ハンタウ〕【志摩半島】

三重県東部にある半島。典型的なリアス式海岸伊勢志摩国立公園の主要部。真珠養殖が盛ん。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

志摩半島【しまはんとう】

三重県東部,伊勢湾口へ突出する半島。一般に山がちだが,南東部には低平な隆起海食台地の先志摩半島が接続,英虞(あご)湾をかかえる。海岸は典型的なリアス式海岸。全域が伊勢志摩国立公園に含まれる。
→関連項目阿児[町]朝熊ケ岳熊野灘志摩[町]大王[町]大王崎鳥羽[市]南勢[町]三重[県]

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

しまはんとう【志摩半島】

紀伊半島の東端,三重県中央部で太平洋に突出した台形の半島。南部ではさらに先志摩(さきしま)と称される小半島が分岐している。北は伊勢湾,東は遠州灘,南は熊野灘に臨み,狭義には鳥羽市北西郊の池ノ浦の湾入と志摩郡浜島町南張(なんばり)とを結ぶ線以東の旧志摩国の範囲をさす。半島の地形は的矢(まとや)湾北部の鳥羽市国崎と英虞(あご)湾西部の浜島町を結ぶ線でほぼ区分される。北西部は壮年期山地の紀伊山地の東端が沈水してリアス海岸をなす。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

しまはんとう【志摩半島】

三重県東部、太平洋に突出する半島。伊勢志摩国立公園の大部分を占める。リアス式海岸と真珠養殖で知られる観光地。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の地名がわかる事典の解説

〔三重県〕志摩半島(しまはんとう)


三重県東部、紀伊(きい)半島東岸から太平洋に突出した半島。北は伊勢(いせ)湾、南は熊野灘(くまのなだ)に臨む。旧志摩国の範囲にあたるが、櫛田(くしだ)川河口と紀伊長島(きいながしま)町を結ぶ線以東をさすこともある。全体に山がちで、五ヶ所(ごかしょ)湾・英虞(あご)湾などが入り組むリアス式海岸に特徴がある。南東端は隆起海食台地の先(さき)志摩。英虞湾・的矢(まとや)湾を中心に真珠・カキ養殖が盛ん。伝統の海女(あま)による素潜(すもぐ)り漁も行われる伊勢志摩国立公園に属し、温暖なため保養地・リゾートとして発展中。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

志摩半島
しまはんとう

三重県中東部にある半島。松阪(まつさか)市中心市街と紀北(きほく)町北東部を結ぶ線を基線としてほぼ台形をなし、北は伊勢(いせ)湾に、南は熊野灘(なだ)に、東は遠州灘に面する。地形的には三つに分けられる。一つは伊勢湾岸に沿う伊勢平野の南部。二つは半島の南東端、国崎(くざき)―横山(よこやま)―浜島(はまじま)を結ぶ線の南の先(さき)志摩台地で、ここはかつて海水面があがったときに形成された海食台、堆積(たいせき)台が、現在陸化し平坦(へいたん)面をなしている。その三は残りの侵食のかなり進んだ山地である。海岸は、伊勢平野の離水海岸を除いて、沈水性のリアス式海岸で、とくに的矢(まとや)湾、英虞(あご)湾、五ヶ所(ごかしょ)湾は典型的な鋸歯(きょし)状海岸として知られる。地質的には西南日本外帯に属し、古生層、中生層が東西に走る。先志摩台地は中生層の的矢層群の上に第四紀の先志摩層が覆う。気候的には北部は東海型、南部は南海型で、先志摩は黒潮の恵みを受けてとくに冬暖かく、総じて温暖多雨である。したがって植物相も暖帯性で、暖地性シダ、ハマオモト、ハマウド、ツゲモチなどの自生群落が多い。伊勢市の神宮林にこの地域固有の天然森林生態をみることができる。北部は伊勢神宮や鳥羽(とば)港があって古くから開けたが、南部はリアス式海岸で交通が不便なため、長く海女(あま)漁業や真珠養殖で知られる漁村が点在する地域であった。1946年(昭和21)伊勢志摩国立公園区域の指定を受け、1967年に近畿日本鉄道志摩線が拡幅されてから急速に観光地化が進み、有料道路なども開通して、日本を代表する国際的観光地の一つとなった。賢島(かしこじま)がその中心であるが、近年は先志摩へも別荘、民宿地域が拡大している。[伊藤達雄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

志摩半島の関連キーワード志摩紀伊紀伊長島〈町〉三重県北牟婁郡紀北町紀伊長島区大原三重県北牟婁郡紀北町紀伊長島区海野三重県北牟婁郡紀北町紀伊長島区十須三重県北牟婁郡紀北町紀伊長島区長島三重県北牟婁郡紀北町紀伊長島区東長島三重県北牟婁郡紀北町紀伊長島区古里三重県北牟婁郡紀北町紀伊長島区三浦

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

志摩半島の関連情報