コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

隠公左伝 インコウサデン

デジタル大辞泉の解説

いんこう‐さでん【隠公左伝】

《「左伝」は「春秋左伝」の略。左伝は魯(ろ)王の隠公元年の記事から始まるところから》左伝を読み始めても、最初の隠公の条で飽きてやめてしまうこと。飽きやすく勉強が長続きしないことのたとえ。桐壺(きりつぼ)源氏。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

いんこうさでん【隠公左伝】

〔「左伝」は「春秋左氏伝」。同書の冒頭が春秋時代の魯の王隠公の記事であることから〕
左伝を読み始めても最初の隠公の条で飽きてやめること。勉強の長続きしないことのたとえ。桐壺きりつぼ源氏。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

隠公左伝の関連キーワード春秋左氏伝桐壺源氏