コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

飽きる/厭きる/倦きる アキル

デジタル大辞泉の解説

あ・きる【飽きる/×厭きる/×倦きる】

[動カ上一]《動詞「あ(飽)く」(四段)の上一段化。近世後期、江戸で使われはじめた語》
多すぎたり、同じことが長く続いたりして、いやになる。「勉強に―・きた」「彼の長話に―・きた」
十分に味わったり経験したりして、それ以上欲しくなくなる。「牛肉を―・きるほど食べたい」
動詞の連用形に付いて、いやになるほど十分に…するの意を表す。「見―・きる」「聞き―・きる」→飽く

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

飽きる/厭きる/倦きるの関連キーワード熱し易く冷め易いアリストテレス男はつらいよ松風(能)目に染みる果てなし話カラフト犬飽きが来る腹が膨れる熊野(能)迦陵頻伽太陽道路孜孜汲汲暖衣飽食飽く無き飽き易い連用形茶摘唄世間話紙漉唄

今日のキーワード

衣笠祥雄

[生]1947.1.18. 京都プロ野球選手。京都の平安高校時代,捕手として甲子園に出場。高校卒業後,1965年広島東洋カープに入団。内野手に転向し,1970年 10月 19日の対読売ジャイアンツ (...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android