隠居領(読み)いんきょりょう

精選版 日本国語大辞典「隠居領」の解説

いんきょ‐りょう ‥リャウ【隠居領】

〘名〙
① 家督や財産を相続人に譲って隠居した人が、自分の生計にあてるための所領。
※駿府記(1611‐15)慶長一九年七月一三日「加賀肥前守利家、隠居領として拾六万石能登国にこれあり」
※浄瑠璃・娥歌かるた(1714頃)二「隠居領とて下さるる十人ぶちも、寺参りに月日を送る常精進」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android