コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

駿府記 すんぷき

4件 の用語解説(駿府記の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

駿府記
すんぷき

記録。慶長 16 (1611) 年8月1日から元和1 (15) 年 12月 29日までを記す。1巻。著者は後藤庄三郎光次とも林羅山ともいわれるが明らかでない。徳川家康が駿府へ隠退したあとの政治情勢,外国貿易,宗教,文芸などを知る好史料。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

駿府記【すんぷき】

1611年−1615年の日記で,駿府在城時代の徳川家康を中心とする政治情勢などが記される。1巻。筆者は家康側近の後藤光次(ごとうみつつぐ)とも林羅山(はやしらざん)ともいわれるが,不詳。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

すんぷき【駿府記】

駿府隠居中の徳川家康をめぐる政治情勢を記した日記。1611年(慶長16)8月1日から15年(元和1)12月29日までの約4年半に及ぶ。筆者は駿府在職中の後藤庄三郎(光次)か林道春(羅山)といわれるが不詳。1巻。ほぼ同じ内容のものに後藤庄三郎の筆録とされる《駿府政事録》(《改訂史籍集覧》所収)がある。慶長末年の豊臣氏との関係,キリシタン禁制,貿易,宗教,学問,文芸にふれた近世初期の貴重な史料。《史籍雑纂》所収。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

駿府記
すんぷき

江戸時代初期の記録。一巻。『駿府政事録』ともいう。徳川家康が将軍職を秀忠(ひでただ)に譲って駿府(静岡市)に引退したのち1611年(慶長16)から死の4か月前の1615年(元和1)12月までの家康の動静を漢文体で記したもの。記主は後藤庄三郎(しょうざぶろう)(光次(みつつぐ))とも林道春(どうしゅん)(羅山(らざん))とも伝えられているが、いずれにしても家康の側近でかなりの教養の持ち主であったことは確かである。それだけに記事の信憑(しんぴょう)性はきわめて高く、この期の研究上重要な史料である。『史籍雑纂(ざっさん)』2、『戦国史料叢書(そうしょ)』家康史料集、『新訂増補史籍集覧』10(脱漏)所収。[高木昭作]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

駿府記の関連キーワード由良国繁後水尾天皇鳥谷敬松坂屋ホールディングス大丸松坂屋松江城多摩動物公園浅野長政加藤清正

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone