隣の八重ちゃん(読み)トナリノヤエチャン

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

隣の八重ちゃん
となりのやえちゃん

日本映画。1933年(昭和8)作品。島津保次郎(しまづやすじろう)原作・脚本・監督。トーキー初期の代表作。島津の活躍した松竹は関東大震災後、蒲田(かまた)調といわれる小市民映画をつくりだし、サラリーマンの日常生活を活写した現代劇として一つのジャンルを定着させた。本作はその代表的な作品の一つ。東京の郊外のサラリーマンの核家族を舞台として、女学生や大学生たちを中心に、一家の日々の生活や周囲の人たちとの交友関係を淡々とスケッチ風に、ユーモラスに描いた。ドラマティックなエピソードや強調された映像はいっさいない、こうした小市民映画は観客に親しみを与え、広く楽しまれた。島津の巧みな画面展開はサイレント時代から定評があり、本作も演技指導の的確さや、若い俳優の新鮮な演技を含めて、古さを感じさせない魅力をもっている。[千葉伸夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

大学入試センター試験

国立大学の共通第1次学力試験制度は、1979年度に導入された。入学試験を第1次と第2次とに分け、第1次試験は大学入試センターが共通学力試験を実施。第2次試験は各大学がきめ細かな入学者選抜を行うことを目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android