コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

岡田嘉子 おかだ よしこ

美術人名辞典の解説

岡田嘉子

映画俳優・演出家。広島県生。東京女子美術学校卒。劇作家中村吉蔵に師事。山田隆弥主宰の舞台協会公演「出家とその弟子」の芸妓楓で脚光を浴び、日活の専属女優となる。昭和11年杉本良吉樺太国境を越えソ連に入り、対日ラジオ放送局アナウンサー等を経てルナチャルスキー演劇大に入学。同48年より再々帰国し、演出・舞台出演をしたが、昭和64年にモスクワに帰る。平成4年(1992)歿、89才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

デジタル大辞泉の解説

おかだ‐よしこ〔をかだ‐〕【岡田嘉子】

[1902~1992]女優。広島の生まれ。女子美術学校卒。新劇から映画界に入り、昭和13年(1938)演出家の杉本良吉とソ連に亡命。スパイ容疑をかけられるが、のちソ連市民権を得る。著作に「悔いなき命を」など。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

岡田嘉子【おかだよしこ】

女優。広島県出身。女子美術学校(現,女子美術大学)卒業。1919年に新芸術座に入座,女優として初舞台を踏む。1923年から日活映画にも出演し,《髑髏(どくろ)の舞》で映画初主演。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

岡田嘉子 おかだ-よしこ

1902-1992 大正-昭和時代の女優。
明治35年4月21日生まれ。大正12年日活の「髑髏(どくろ)の舞」で映画初出演。舞台,映画で人気をえる。昭和13年演出家杉本良吉と樺太(サハリン)国境をこえソ連にはいる。スパイ容疑で拘束されるが,のちソ連市民権を獲得。47年よりたびたび里帰りした。平成4年2月10日死去。89歳。広島県出身。女子美術学校卒。著作に「悔いなき命を」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

おかだよしこ【岡田嘉子】

1902~1992) 女優。広島県生まれ。1938年(昭和13)演出家杉本良吉と樺太国境を越えてソ連領に入る。72年以降より再々帰国し、演劇活動を行なった。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

岡田嘉子
おかだよしこ

[生]1902.4.21. 広島
[没]1992.2.10. モスクワ
女優。東京女子美術学校卒業。 1921年舞台協会の公演『出家とその弟子』で認められ,23年映画界に入ってスターとなる。 36年井上正夫演劇道場に参加,38年演出家の杉本良吉と樺太 (サハリン) からソ連へ亡命し,話題となった。ソ連で演劇大学に学び,演劇活動に従事し,モスクワ放送局日本部で活躍。 72年里帰りし,74年再来日して日本の演劇界に復帰,映画,テレビにも出演したが,86年モスクワへ戻った。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

岡田嘉子
おかだよしこ
(1902―1992)

女優。広島県生まれ。東京女子美術学校在学中から舞台に出演、舞台協会の『出家とその弟子』で認められた。1922年(大正11)日活作品『髑髏(どくろ)の舞』で映画にデビュー、以後映画、新派のスターとして名声を得たが、38年(昭和13)演出家杉本良吉と樺太(からふと)(サハリン)の国境を越えて当時のソ連に亡命した。その後市民権を獲得し、ルナチャルスキー演劇大学演出科卒業後はモスクワ放送に勤務したが、74年(昭和49)以降はソ連の「文化使節」として日本に長期滞在し、新劇から商業劇場に及ぶ幅広い活躍をみせた。[大島 勉]
『岡田嘉子著『悔いなき命を』(1973・広済堂出版)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

岡田嘉子の関連キーワードにっかつ(日活)[株]日本映画史(年表)隣の八重ちゃんまた逢ふ日まで斎藤豊吉(2)ペレストロイカ杉本良吉(1)栗島 すみ子六条 奈美子坂東 好太郎滝口 新太郎大曽根 辰保川浪 良太郎井上演劇道場白百合は歎く南部 僑一郎人間 前後篇日活(株)山田 隆也夏川 静枝

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android