コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

雀の発心 すずめのほっしん

1件 の用語解説(雀の発心の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

すずめのほっしん【雀の発心】

御伽草子。《雀の草子》《小藤太物語》とも。大和国みやの郡の山里に小藤太という雀がいた。みどり子をもうけたが,夫婦が餌を求めに出た際に蛇に食われてしまう。悲しむ小藤太を鳥どもが和歌を詠(よ)んで慰めるが,小藤太夫婦はわが子の後世(ごせ)を弔うべく遁世(とんせい)しようと語り合う。女房は〈あまかさき〉の庵室で出家し,一心に念仏を唱えついに往生する。小藤太も弥陀が峰の梟(ふくろう)〈そん阿弥陀仏(あみだぶ)〉の庵室で出家,諸国を巡り,洛中洛外の諸寺を参拝し,北野社に参った際,村雨(むらさめ)に遇ったのを縁としてそこに庵室を結び仏道修行にはげむ(赤木文庫蔵本による)。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

雀の発心の関連キーワード鴉鷺合戦物語御伽草子仮名草子十二段草子福富草子文正草子秋夜長物語仮名本『御伽草子』本多月楽

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone