雀盲(読み)じゃくもう

精選版 日本国語大辞典「雀盲」の解説

じゃく‐もう ‥マウ【雀盲】

〘名〙 網膜の機能がおとろえ、夜になると物が見えなくなる病気。鳥目(とりめ)。夜盲症。雀目。
※十巻本和名抄(934頃)二「雀盲 病源論曰人至暮不見物世謂之雀盲〈俗云度利女〉謂如鳥雀瞑則無所見也」 〔証治準縄〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

グレコローマンスタイル

アマチュアのレスリング競技形式の一種。競技者は腰から下の攻防を禁じられており,上半身の攻防のみで戦う。ヨーロッパで発生したのでヨーロッパ型レスリングとも呼ぶ。古代ギリシア時代から行なわれていた型が受け...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android