鳥目(読み)ちょうもく

精選版 日本国語大辞典「鳥目」の解説

ちょう‐もく テウ‥【鳥目】

〘名〙 (ぜに)の異称。また、一般に金銭の異称。江戸時代までの銭貨は円形方孔のもので、鳥の目に似ているとしての名。中国で同様の意味から「鵝眼(ががん)」と俗称されているのが移って来て付けられたものといわれる。
※狂歌・金言和歌集(1492‐1501頃)「ことさら目につけて、人々のこころをなやまし」

とり‐め【鳥目】

〘名〙 (鳥は一般に夜は目が見えないところから) 夜になると視力が著しく衰える病気。ビタミンAの欠乏が主因で起こる。夜盲症。〔十巻本和名抄(934頃)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「鳥目」の解説

とり‐め【鳥目】

《鳥の多くは夜目がきかないところから》夜になると、視力が著しく衰えて物がよく見えなくなる病気。ビタミンAの不足により起こる。夜盲症。

ちょう‐もく〔テウ‐〕【鳥目】

銭(ぜに)異称。また、一般に金銭の異称。江戸時代までの銭貨は中心にがあり、その形が鳥の目に似ていたところからいう。現在は多く「お鳥目」の形で用いる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版「鳥目」の解説

とりめ【鳥目 night blindness】

医学的には夜盲症という。暗順応の障害により暗所での視力が著しく悪い状態。視細胞のうち杆体に障害をうけた場合に起こる。検査は,順応計を用いて,暗順応中に刻々変動する光覚すなわち光刺激閾値(いきち)を測定し,暗順応曲線をつくって行う。これは,いいかえれば網膜の感度をみるものである。夜盲はひとつの症状であるので,このなかには各種の疾患が含まれる。視力,視野,色覚,網膜電図(ERG),眼球電位図(EOG)などの検査によって,原因となっている疾患を鑑別する。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の鳥目の言及

【銭】より

…明銭の洪武通宝,永楽通宝,宣徳通宝などは中国銭のなかでも最も代表的なものである。中国渡来銭の流通が軌道に乗るようになると,室町時代には中国銭を形態のうえから阿堵(あと),鳥目(ちようもく),鵝眼(ががん)などと呼び,また使用の面から御脚,用途,料足などととなえるようになった。中国銭の国内通用が盛んになると,中国官鋳制銭をモデルにして造られた私鋳銭や模造銭が現れ,官銭は一般に良銭,精銭と呼ばれ,私鋳銭,模造銭は悪銭または鐚銭(びたせん)ととなえられた。…

【光覚】より

…この器械を順応計といい,認知できる明るさの程度と時間経過を測定する。光覚の障害では,網膜の感度が上昇しないため暗順応が障害され,暗所,夜間の視力が不十分となる夜盲症(鳥目),明順応が障害されるため,通常の光量でも強いまぶしさを感じ,視力が下がる昼盲などがある。なお,視力表記では,明暗の弁別ができる程度の状態を〈光覚弁〉という。…

【ビタミン】より

…(2)欠乏症 ヒトの血液中のビタミンAは,主としてレチノールであり,血液中の濃度が0.3μg/ml以下になると欠乏症状をひき起こすといわれている。ビタミンAの欠乏症としては,夜盲症(鳥目),皮膚や粘膜上皮の角化亢進,皮膚の異常乾燥症,色素沈着,骨変化,奇形の発生,性腺の退行変性,発育の停止,体重減少,食欲減退,中枢神経系の変性ならびに感染症に対する抵抗力の低下などが知られている。(3)過剰症 ビタミンAを大量に摂取した場合の急性中毒症状としては,成人の場合,激しい頭痛(おもに後頭部),疲労感,めまい,吐き気,嘔吐などが報告されている。…

※「鳥目」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ダブルスタンダード

〘名〙 (double standard) 仲間内と部外者、国内向けと外国向けなどのように、対象によって異なった価値判断の基準を使い分けること。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android