雁来紅(読み)ガンライコウ

とっさの日本語便利帳の解説

雁来紅

雁が飛来してくる秋になると、その葉が美しい紅色に染まるのでこの名がある。黄色、紫色の斑紋をもつものもある。雁来紅は漢名で、和名は葉鶏頭(はげいとう)、鎌柄(かまつか)など。かまつかとは、鎌の柄になる木ということ。『枕草子』に、
かまつかの花 らうたげなり 名ぞうたてあなる 雁の来る花とぞ 文字には書きたる\清少納言
とある。
照り曇る空や照る日の雁来紅\石塚友二
炎ゆる葉を垂れて日暮の雁来紅\青柳志解樹

出典 (株)朝日新聞出版発行「とっさの日本語便利帳」とっさの日本語便利帳について 情報

大辞林 第三版の解説

がんらいこう【雁来紅】

〔雁の来る頃紅あかくなることから〕
ハゲイトウの別名。 [季] 秋。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

雁来紅 (ガンライコウ)

植物。ヒシ科の浮葉性一年草,園芸植物,薬用植物。ヒシの別称

雁来紅 (ニチニチソウ)

学名:Catharanthus roseus
植物。キョウチクトウ科の一年草,園芸植物,薬用植物

雁来紅 (ハゲイトウ・ガンライコウ)

学名:Amaranthus tricolor
植物。ヒユ科の一年草,園芸植物

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

今日のキーワード

配偶者

夫婦の一方からみた他方。配偶者としての身分は、婚姻によって取得し、婚姻の解消によって失う。親族ではあるが、親等はない。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android