葉鶏頭(読み)ハゲイトウ

デジタル大辞泉の解説

は‐げいとう【葉鶏頭】

ヒユ科の一年草。高さ約1.5メートル。茎は直立し、葉は細長い披針形で、頂部のものは秋に紅・黄色などに色づく。夏から秋、葉の付け根に淡緑色の小さい花をつける。熱帯アジアの原産で、古く渡来し、観賞用。雁来紅(がんらいこう)。アマランス。アマランサス 秋》「―に東京湾の曇りかな/楸邨

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

はげいとう【葉鶏頭】

ヒユ科の一年草。熱帯アジア原産。花壇や庭園に植える。茎は直立し、高さ1~2メートル。葉は互生し、菱卵形から披針形。夏から秋にかけ、茎頂付近の葉が、紅・紫・黄などに色づき美しい。花はごく小さく、葉腋ようえきに多数つく。かまつか。雁来紅。アマランサス。 [季] 秋。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

葉鶏頭 (ハゲイトウ)

学名:Amaranthus tricolor
植物。ヒユ科の一年草,園芸植物

出典 日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

フェロー

イギリスではこの呼称は主として次の3つの場合をさす。 (1) 大学の特別研究員 研究費を与えられ,多くは教授,講師を兼ねる。 (2) 大学の評議員 卒業生から選ばれる。 (3) 学術団体の特別会員 普...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

葉鶏頭の関連情報