コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

雄蛭木 オヒルギ

デジタル大辞泉の解説

お‐ひるぎ〔を‐〕【雄×蛭木】

ヒルギ科の常緑高木。奄美大島以南の海岸の浅い泥地に生え、マングローブをつくる。葉は長楕円形で厚くつやがある。花は黄白色で、葉の付け根から下向きにつき、種子は樹上で発芽する。べにがくひるぎ。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

おひるぎ【雄蛭木】

ヒルギ科の常緑高木。高さ2~8メートル。沖縄以南の海岸や河口の泥土に群生。気根を生じ、メヒルギなどとマングローブ林(紅樹林)をつくる。葉柄は紅色。花は葉腋に単生し、がく片は紅色。果実は長さ約20センチメートルで円柱状。ベニガクヒルギ。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone