コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

集古録跋尾 しゅうころくばつびJí gǔ lù bá wěi

世界大百科事典 第2版の解説

しゅうころくばつび【集古録跋尾 Jí gǔ lù bá wěi】

中国,古銅器の銘文や碑文などの拓本に関する考証を集めたもの。10巻。宋の欧陽修の著。宋代は金石学,つまりこれらの拓本を歴史,文字,書道学等の対象として研究する学問のおこったときで,学者による拓本の収集が盛んに行われた。本書はその初期に属するもっとも優れた著作である。なお,その収集品の目録としては,子の欧陽棐(ひ)が編した《集古録目》がある。【日比野 丈夫】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

集古録跋尾の関連キーワード金石録

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android