コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

集合行為論 しゅうごうこういろんcollective action theory

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

集合行為論
しゅうごうこういろん
collective action theory

利益集団を集合財 (公共財) の概念を用いて再編した理論。 M.オルソンが提唱したもので,彼の論点は,公園のような準競合性を持つ集合財の獲得を目指す集団においては,その集団の大きさが目標の達成にかかわる。小集団では,構成員の共通の利益は達成されやすいが,大集団では,フリーライダーが発生し,達成されにくいということになる。そこで彼は,集団的行動を達成するためには,(1) 小集団であること,(2) 非協調者に対する強制を加えること,(3) 協調者に対する報酬を与えること,のいずれかの条件が満たされる必要があるとした。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

集合行為論の関連キーワード利益集団

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android