コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

集散地卸 しゅうさんちおろし

1件 の用語解説(集散地卸の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

集散地卸
しゅうさんちおろし

卸売業者の事業形態の一つ。1次卸の一種で,比較的多くの生産者から品物を仕入れ,多数の2次卸業者や小売店へ売渡す卸売業者のことをいう。主要な機能としては集荷,分散機能である。このような卸売業の形態が必要になるのは生産が多数の企業によって行われ,しかもそれが地域的にも広範囲に分散している場合が多く,卸売商の集荷機能が大きな役割を果す。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone